2014年10月21日火曜日

楽屋話をチョット

(1)本試験当日[日曜日]


10月19日、例年通り、宅建を受けてきました。
今年の試験会場は、船橋市にある日大理工学部船橋校舎でした。受験番号は1201-***7。

お天気が良かったので、バイクでひとっ走り。
私がもらった試験問題を事務所に持ち帰り、スタッフ doremi にPDFにしてもらい公開しました。

平成26年度宅建試験問題の原文

その後、軽く打ち上げをやって、試験当日はオシマイ。
夜中に 迷物講師のブログ を更新した以外は、問題の検討もしませんでした。
というより、問題冊子なんか見もしませんでした。

(2)本試験翌日[月曜日]


翌日は、メールの返信が主な仕事。
それ以外はヒマでした。

問題の検討をすることも全然しませんでした。

夜、チョコッとホームページを直したくらいで、あまり事務所にも行かず、遊んでました。

(3)きょう[火曜日]


そんで今日になるわけですが、昼すぎから、本格的な問題の検討に取り掛かり、まだその最中ですが、今日の仕事はオシマイにして、今このブログを書いてるわけです。

(4)楽屋話をしたわけ


皆さまは、「何? このやる気の無さ!」と思われたかもしれませんが、弱小とはいえ宅建倶楽部を代表する小口 忍というオヤジの、これが実体でございます。

代表者と同じ生物学的遺伝子は、うちのスタッフ全員が多少なりとも持ってます。
なぜって、スタッフ全員が迷物講師の親戚だから…。

※参考ページ
ネット隆盛以前に"一生の蓄えを作った"

こんな楽屋話ですが、とくに初めて来て下さった方に、何かを感じて頂けたら幸いです。