2014年11月4日火曜日

過疎化の歴史

合格ラインの予想について、宅建関係のサイト・ブログ・掲示板等に振り回されている受験者が少なくなった(予備校側から見れば過疎化が始まった)、と迷物講師が最初に感じた年はいつだと思いますか?

今年だと思いますか?
違います!

去年だと思いますか?
違います!

実は、7年も前の平成19年です。
下の年表の「2ちゃんねるが業者だらけになった」年と一致してます。

(1)簡易年表


【ネット隆盛以後】
2014年(平成26年) 現在
2012年(平成24年) 日本でのfacebook衰退を感じる
2011年(平成23年) 東日本大震災
2011年(平成23年) 息子がfacebookを始める
2008年(平成20年) リーマンショック
2007年(平成19年) 2ちゃんねるが業者だらけになった

【ネット隆盛以前】
2006年(平成18年)  宅建倶楽部がボロ儲けできた最後の年
2001年(平成13年) 宅建倶楽部が一番ボロ儲けできた年
1998年(平成10年) 迷物図書館開館 迷物講師を名乗る
1998年(平成10年) google創業
1996年(平成 8年) yahoo!japan創業
1992年(平成 4年) 宅建倶楽部創業

(2)資格試験業界は激動し続けてる


上の簡易年表は、極めてシンプルに「迷物講師の仕事とネット隆盛以前・以後」とを分けたものですが、【ネット隆盛以後】現在まで、資格試験業界が激動し続けてると感じます。

皆さまも上の年表から、その理由を推論してみるとオモシロイかも…。

「ヒマつぶし」と言ったら怒られるかもしれないけど、どうせ【ネット隆盛以後】の現在、大手予備校とて、ホントに本気で合格ラインを予想してる所は無いですから…。

※ 参考ページ

例年にない傾向 - 平成19年の記事