2014年11月14日金曜日

いつまでも「ふり」をする人って、可哀そう!

今回使う「ふり」は、「それらしく装う」という意味です。

【例】
・ 知っているのに、知らない「ふり」をする
・ 知らないのに、知っている「ふり」をする

この「合格ライン専用ブログ」で取り上げるのに相応しいのは、後者ですね。

つまり、合格ラインなんか「知らないのに、知っている『ふり』をする」人(生かじりな専門知識をかざして当落線上にいる受験者を応援するふりをする人を含む)って今でもいるけど、可哀そうな人だなあ~! という迷物講師の憐れみ心です。

(1)ちゃんとした予備校・講師の場合


ちゃんとした予備校や講師で、合格ラインなんか「知らないのに、知っている『ふり』をする」所は、ネットが隆盛するのに比例して激減してきました(昔はそうでも無かったですが -笑-)。

ちゃんとした予備校・講師は、将来を含めた受講者に対するサービスとして、極めて抑制的に合格ラインを予想しているに過ぎない、ということです。

(2)(1)以外の場合


つまり、
・ ちゃんとしていない予備校や講師、アフィリエイター
・ 匿名アフィリエイトで生計を立てている人
を指しますが、この人たちは本当に可哀そうだな!という憐れみ心を禁じ得ません。
「ふり」をする所が、あまり減らないのです。

数年前までのように儲かっているならともかく、もう宅建では飯が食えない事を御本人が薄々感じていながらそれでも辞められない…。

現代の世の中でスゴク努力している人たちなのに、これ以上の憐れさは、ナカナカお目にかかりません。

(3)功績者


上の(1)以外の人に「宅建では飯が食えない」ようにした功績者は、言うまでもなく、今年の宅建試験を受験した皆さまです!

冗談じゃないですよね!
どんなに良さそうな情報を提供しているようでも、皆さまの本能が、こいつ 人の心を弄んでるな!」と感じさせちゃうんですかね。
だから、だんだんそういうサイトからは遠ざかる…。

私は、皆さまをそうさせたのは、ネット隆盛に伴うシステム改善の功績も大きいと思います。

ヤフー≒グーグルで上位にヒットしないのに、ブログランキングだけは上位、2ちゃんねるだけでは有名、なんて誰だって違和感を持ちますよね?

(4)皆さまに望むこと


私は16歳で、軽自動車(当時は360ccまで)を運転できる免許(当時の自動二輪免許)を取ったので、四輪車運転歴は50年です。スゴイでしょ?(笑)
そんな古い人間なので、こんな人を何人も見聞きしてきました。

それは、苦労して苦労して人の3倍も教習所にお金を払って、やっと免許を取った人が笑顔で言った言葉です。
ああこれでもう運転しなくて済むよ!」

逆だろ!

でも、苦労して苦労した人って、こういうデメリットがあるのも事実なんですね。

a.合格者


もし皆さまが合格したら、「ああこれでもう勉強しなくて済むよ」なんていう取引士になったら、絶対にダメですよ!

月並みですが、人生一生勉強です。

b.不合格者


もし皆さまが運悪く不合格だったら、「ああこれで、もう勉強しなくて済むよ!」なんていう取引士を増やさないため、来年も試験委員は手ぐすね引いて待ってるよ!と、覚えておいて下さい。

具体的には、権利関係・民法の出題内容の激変、個数問題の激増などで、「ああこれで、もう勉強しなくて済むよ!」なんていう取引士を増やさない手立てを強化してくるはず…。

これじゃ、どう考えても自分には合わないと思ったら、宅建とはサヨナラするのも、決して恥じゃないですヨ!

少なくとも、もう宅建では飯が食えない事を御本人が薄々感じていながらそれでも辞められない変なアフィリエイターより何倍も賢い選択だ、と真剣に思いつつ筆を置きます。