2017年10月15日日曜日

2017年度受験、お疲れです!




(1)

ここは「合格ライン専用ブログ」なので1年くらい冬眠してましたが、きょうから再開します。冬眠 → 再開 → 冬眠 → 再開 というサイクルは、毎年のことです。


(2)

迷物講師も本試験受けてきました。これも毎年のこと…。
20年以上連続です。

もちろん仁義に則って、デタラメなマークしてきました。

そのあとチョット寒かったので、綺麗な女性たち(宅建倶楽部スタッフです)とお鍋を囲みながら打ち上げやって、今、この記事書いてま~す。


(3)

2017年度本試験、合格ラインが35点(5問免除者30点)だった昨年度と比べると、個数問題(組合せ問題を含む)が1個減りました。昨年度は8個だったのに対し、2017年度は7個しかなかったからです。

個数問題(組合せ問題を含む)が少ないと合格ラインが上がり、多いと合格ラインが下がる傾向があります。個数問題には消去法が使えず、全部の肢が分かっていないと正解できないからですね。

もっとも、
個数問題「少」合格ライン「上」
個数問題「多」合格ライン「下」
が絶対なワケじゃないです。

2017年度…個数問題…7個…合格ライン ??点
2016年度…個数問題…8個…合格ライン35点
2015年度…個数問題…10個…合格ライン31点
2014年度…個数問題…9個…合格ライン32点
2013年度…個数問題…8個…合格ライン33点
2012年度…個数問題…8個…合格ライン33点
2011年度…個数問題…3個…合格ライン36点
2010年度…個数問題…2個…合格ライン36点

と、個数問題が8個でも、合格ラインが35点だったり33点だったりの年度もあるからです。

最近、予想する人間を一番悩ませるのがココなんだと思います。
宅建倶楽部スタッフとの打ち上げでも、オモシロイ意見が百出したのがココでした。


(4)

ちなみに「大手4校」が、平成29年10月15日の本試験終了直後に(本試験終了後2~3時間のうちに)した合格ラインの予想は、

◆ TAC…34±1
◆ 日建学院…34±1
◆ 大原…32・33
◆ LEC…34±1

です。

下のほうの「※ 関連記事」にある「2017年度(平成29年度)合格ライン」というリンクをタップ・クリックすると、「大手4校」の合格ライン予想ページに行けます。


(5)

なお、予備校の集客手段に振り回される受験者を一人でも減らしたいという私のポリシーによって、ここ15年、迷物講師自身の予想を一般公開することはしてません。

ただし受講者サービスという観点から、「有料講座受講者」かつ「希望者」に限定して、公表はします。

この場合、「34点プラス・マイナス1点」というような3点も幅があるようなフザケタ予想はしません。
ズバリ1点予想で行きます!

私なりにじっくり検討して、平成29年10月18日(水)夜までにしますので、「有料講座受講者」かつ「希望者」は、メールまたは電話で申し出て下さい。その際、住所と氏名を申告して頂きます。


(6)

じゃ今日はこれでお開き。
お疲れでした!

23:59記



※ 関連記事

2017年度(平成29年度)合格ライン


宅建合格推定ライン 予想基準点


迷物講師のブログ